• AWS入門
  • AWS

AWS Direct Connectを使って最適な専用線を

AWS Direct Connectは、AWSの提供する専用線サービスです。専用線と聞くと、セキュリティとスピードは確保できても、導入が高価で手間がかかるというイメージがあります。しかし、AWS Direct Connectなら比較的コストを抑えながら、簡単に専用線での接続を実現できる場合もあります。ここでは、AWS Direct Connectを利用した専用線での接続についてご紹介します。

AWS Direct Connect とは

AWS Direct Connectは、AWSとユーザーとの間に専用ネットワークを提供するサービスです。インターネットを経由しないので、通信の品質は回線の状況に影響されません。セキュリティや安定性、パフォーマンスの面からも、ビジネスでの使用に向いています。

AWS Direct Connectでは、Amazon EC2やAmazon VPCなど、AWSのサービスをすべて使うことが可能です。AWS Direct Connectで接続したAWSのサービスは、複数の仮想ネットワークに分割してパブリック環境とプライベート環境で使い分けることもできます。

AWS Direct Connectの注意点

AWS Direct Connectを使用するときは、次の2つの点に注意する必要があります。

  • AWS Direct Connectから自社までの回線を別途用意する必要がある
    AWS Direct Connectでは、AWSのデータセンターと接続するロケーションまでの専用線を利用できます。ロケーションから自社のオフィスやデータセンターまで接続する回線は、ユーザー側が用意する必要があるのです。この回線には、AWS Direct Connectの料金とは別に費用がかかります。
    セキュリティについても同じで、AWS Direct Connectが保証するのはデータセンターとの接続ポイントにある、AWSのポートまでです。そこから自社までの接続については、自社でセキュリティを確保する必要があります。
    APNパートナーを経由して契約すれば、AWS Direct Connectまでの接続やセキュリティについてもサポートしてくれます。
  • 接続速度は2種類のみ
    AWSが提供している接続ポートは、10Gbspと1Gbpsの2種類です。またAWS Direct Connectを利用する際にはAWSと直接契約をすることはできません。利用するときには、APNパートナーを経由して契約することになります。
    APNパートナーは、自社の保有する帯域幅を複数のユーザーに分けて提供し、さまざまな速度や料金のメニューを提供しています。

AWS Direct Connectの用途と契約・解約方法

AWS Direct Connectを実際に利用するときの用途や、契約方法をご紹介します。

AWS Direct Connectの用途

AWS Direct Connectは、次のような用途に向いています。

  • 大規模なデータ通信
    ビッグデータをはじめ、ビジネスでは大量のデータを扱うことがありますが、インターネットを経由して大量のデータを転送するには、長い待ち時間やコストがかかります。また、セキュリティも心配です。
    しかし、AWS Direct Connectを使えば、混雑する可能性は少ないので待ち時間もほとんどなく、セキュリティも確保できます。
  • リアルタイムのデータフィード
    AWS Direct Connectは専用線なので、十分な通信速度と安定した回線品質を持っており、遅延の心配もありません。ビッグデータや動画など容量の大きなデータでも、安心して送受信できます。
  • ハイブリッド環境
    AWS Direct Connectでは、インターネットにもVPNなどプライベートな接続にも使用できます。インターネットとイントラネットの2つの回線を同時に利用する、ハイブリッドな環境を構築するときにも最適です。

AWS Direct Connectの契約はAPNパートナーから

AWS Direct Connectは、AWSと直接契約することはできないため、APNパートナー企業を経由して契約することになりますが、この方法には2つのメリットがあります。

  • APNパートナーを経由することでAWS Direct Connectについてだけではなく、AWS利用時のシステム構成について相談にのってもらえ、かつ柔軟な料金プランを提案してもらえる場合があります。
  • APNパートナーを選定することで、自社で使用する容量や速度などにより最適なものを利用できます。場合によっては、コストを抑えることも可能です。

AWS Direct Connectを利用するときには、まず、より自社に合ったプランを提案できるAPNパートナーを探すところから始めましょう。

AWS Direct Connectの解約方法

AWS Direct Connectを解約するには、AWS マネジメントコンソールからポートを削除するだけです。しかし、APNパートナー経由に連絡なく、勝手にサービスの利用を停止することはできません。最低契約期間などの縛りや、他社のサービスを組み合わせてシステムを構築している場合もあるため、まずはAPNパートナーに相談する必要があります。

AWS Direct Connect のメリット

AWS Direct Connectには、次のようなメリットがあります。

強力なセキュリティ

AWS Direct Connectは専用線なので外部からの盗聴や改ざん、なりすましなどの危険性は少ないと言えます。そのため、安心して社内のイントラネットと接続し、データを送受信することが可能です。

通信速度の速さ

AWS Direct Connectは専用線なので、インターネットのように皆で分け合って使う必要がありません。そのため、ネットワークのパフォーマンスは非常に高く、遅延もほとんどないと言えます。安定した高速通信が可能なので、ビッグデータや基幹システム、事業のインフラとしても活用することが可能です。

データ転送料の安さ

AWS Direct Connectを使うと、データ転送料金が安くなる場合もあります。これは、AWS Direct Connectは専用線なので、他のAWSのサービスを利用した場合よりも、データ転送料金が割安になるためです。いったんAWS Direct Connectを経由する通信には、すべてAWS Direct Connectのデータ転送料金が適用されます。

AWS Direct Connectの料金

AWS Direct Connectの料金体系は、他のAWSのサービス同様、従量制です。料金には付加価値税や関税、売上税はかかりませんが、日本企業が東京リージョンで利用した場合は、消費税がかかります。

初期費用

AWS Direct Connectには、初期費用はありません。セットアップ料金や最低料金、最低限の契約期間なども不要です。ただし、APNパートナー企業との契約によっては、それらの料金がかかることもあります。
また、APNパートナー企業からユーザーまでの回線の料金は別途必要になるので、注意が必要です。

ランニングコスト

AWS Direct Connectの料金は使った分だけ支払う従量制で、ポート時間とデータ転送の2つが請求されます。AWSの設定料金はありますが、APNパートナー企業を利用している場合は、パートナー企業との契約による料金が適用されるので、確認が必要です。

  • ポート時間料金
    ポートを持つアカウントでは、消費されたポート時間に応じて料金がかかります。1時間未満の消費は切り上げです。
    日本でのポート時間料金は、他国のロケーションとは異なります。ポートスピードが1Gbpsの場合、ポート時間料金は0.285 USD/時間、ポートスピードが10Gbpsの場合、ポート時間料金は2.142 USD/時間です。APNパートナー企業との契約によっては、他のポートスピードを選択することもできます。
  • データ転送料金
    送信データのデータ転送量に応じて、GB単位で料金がかかります。単価はデータ転送レートに応じて異なります。受信データには料金はかかりません。
    AWS Direct ConnectのロケーションもAWSのリージョンも日本国内の場合、0.0410 USD/GBの料金がかかります。
    ホスト仮想インターフェイスがある場合は、仮想インターフェイスからのデータ転送量に応じて料金がかかります。また、アベイラビリティゾーン間のデータ転送は、通常のリージョンのデータ転送料金になります。

どのくらい安くなるのか?

AWS Direct Connectを導入することでどのくらいのコストが削減できるかは、一概には言えません。

AWS Direct Connectはユーザー企業とAWSが直接契約するのではなく、APNパートナー企業を経由して契約し、利用しています。APNパートナー企業によって、接続方法、帯域、拠点ルーターのマネージドサービスの有無などが異なり、それぞれに特徴があり、料金も異なるからです。

AWS Direct Connectを利用する目的をはっきりさせ、その目的に合ったAPNパートナーを選びましょう。

AWS Direct Connectを利用するなら、最適なAPNパートナー選びが重要

AWS Direct Connectはパートナー企業経由で申し込むサービスです。自社の要件にあった最適なAPNパートナーを選ぶことで、より使いやすい形で、気軽に、自社にとって最適な専用線を利用することができます。

※本記事の内容につきましては2019年5月時点での情報です。

AWSの活用事例やノウハウなど役立つ資料を提供

オンプレミスからクラウドへの移行を成功させるポイントやミズノ株式会社様の導入事例など、AWSの利用を促進するノウハウの詰まったお役立ち資料を提供します。ぜひご活用ください。

おすすめの記事

おすすめのカテゴリ