よくわかるAWS・クラウド

  • AWS入門
  • AWS

クラウドサービスのAWSを導入する6つのメリット

AWSを含めたクラウドサービスの導入を検討したことがあるという方は、意外と多いのではないでしょうか。しかし導入にまで至っていない理由のひとつが、クラウドサービスのメリットについて、いまひとつわからないということがあるのかもしれません。今回は、クラウドサービスの基本的な情報を踏まえて、クラウドサービスの中でもオススメであるAWSの概要や導入メリットについてお伝えします。

クラウドサービスとは

まず、クラウドサービスについて見ていきましょう。
クラウドとはクラウド・コンピューティングを略した呼び方で、データやアプリケーションなどのコンピューターリソースをネットワーク経由で利用・提供するサービスの仕組みです。

オンプレミスとの違いから見るクラウドサービスの特徴

かつては、自社でサーバーやネットワーク機器、及びそれらを収容するラックを購入し、自社内もしくはデータセンターなどの場所を確保して、システム構築・運用を行うオンプレミスという方法が一般的でした。この場合、自社でサーバーを「保有する」必要があります。そのため、オンプレミスでは使わなくなってもすぐにやめることはできません。サーバー、ネットワーク機器やラックの撤去、リース料が残っていた場合は残金の支払い、インターネット回線の解約など、始めるにも撤退するにも時間、コスト、人件費がかかります。

クラウドサービスは、自社でサーバーを保有しなくても、インターネットを経由して、外部のクラウドベンダーが構築、管理、保有するリソースを借りる方法になります。ユーザーはクラウドベンダーから提供されたウェブ上の管理画面でメモリやCPU、ディスクなど必要分のスペック(容量)を選択して簡単にインターネット上にサーバーを作成することができます。コンピューターリソースを自社で保有せずに「利用する」のがクラウドサービスです。費用は従量制で使った時間に対して料金が発生し、不要となればすぐに返却して、費用をかからなくすることができます。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスの範囲は非常に広く、さまざまな解釈がされているため、サービスの提供
方法や利用形態によってSaaS、PaaS、IaaSに分類されています。

SaaS

SaaS(サース)とは「Software as a Service」の略で、日本語では「サービスとしてのソフトウェア」となります。従来、パッケージとして販売されていたソフトウェアなどを、ユーザー側でインストールするのではなくネットワークを経由して提供するサービスです。SaaSのサービス例としてはGmail、Googleドライブ、Googleマップなどがあります。

ユーザーはサービスを契約し、アカウントを作ればすぐに利用ができて、インターネット経由でどこからでもアクセスすることができます。複数のユーザー(チームやグループ)で同時にファイルやデータを共有することもできます。アプリケーションの更新はサービス提供者側で行うので、ユーザーはサービスを使うのみとなります。

ユーザーは実行するためのPCやモバイル機器以外の準備が必要なく手軽に利用できます。しかし、カスタマイズ性は低く、ソフトウェア上で提供される機能や設定のみ使えるため、大幅なカスタマイズはできません。ソフトウェアの仕様に合わせて利用していく必要があります。

PaaS

PaaS(パース)は「Platform as a Service」の略で、日本語では「サービスとしてのプラットフォーム」となります。アプリケーションの開発に必要な実行環境を提供するプラットフォームです。SaaSがアプリケーションまでをサービス化して提供するのに対して、PaaSはミドルウェア層までを提供するサービスです。PaaSのサービス例として、AWS Elastic Beanstalk や、サーバレスPaaSのAWS Lambdaがあります。

ユーザーは、運用の手間をかけず、各種環境を即座に構築することができるため、ミドルウェアによるアプリケーション開発に力を注ぐことができます。提供されるサービスは多岐にわたります。

IaaS

IaaS(イアース)は「Infrastructure as a Service」の略で日本語では「サービスとしてのインフラ」になります。メモリ、CPUを搭載せたクラウドサーバーやネットワークなどITインフラを提供するサービスです。クラウドサーバーは用途や規模に応じて、OSの種類、メモリ、CPU、ディスク容量などのスペックを自由に選択し、インターネットを介して、サーバー構築やシステム導入ができます。Iaasの代表的なサービスはAWSのEC2などです。

IaaSはPaaS、SaaSに比べ自由度が高くなりますが、ユーザーが自身でOSやサーバースペックを選択をすることになりますので、インフラ設計やサーバー管理、運用のスキルなど専門知識が必要となります。IaaS、PaaSはユーザーが独自の開発を行うことを想定して提供されるサービスです。

オススメのクラウドサービス AWSの概要

AWSは「Amazon Web Services」を略した名称で、Amazonが提供するパブリッククラウドによるITサービスの総称です。改めてAWSとはどのようなものなのか見てみましょう。

AWSは世界中の企業で利用されているというのが、その特徴のひとつといえます。サービス地域は25リージョンに及び、81カ所のデータセンター群(アベイラビリティーゾーン)からなります。エッジロケーションと呼ばれる接続ポイントなどは、218カ所以上に及びます(2021年の3月)。
世界中で利用できるのはもちろん、日本でも安全のためのバックアップ用途などで、国内外の複数の地域等にデータを分散させることなどが可能です。
そしてベースが世界全体のサービスであることから、日本の利用企業が海外展開する場合などでも、国内と同じ環境でシステムが利用できるので、迅速な対応が可能になるのです。

また米調査会社ガートナーの2020年8月発表のデータによると、AWSの2019年の世界シェアは45%で最も高く、パブリッククラウドの世界はAWSがリードしています。なぜ、世界の数多くの企業がAWSを選んだのでしょうか。オンプレミスと比較してAWSを利用するメリットについて次項で紹介していきます。
出典:Gartner Says Worldwide IaaS Public Cloud Services Market Grew 37.3% in 2019

これからクラウドへ移行を検討・実施される方にオススメ!

AWS導入事例集

これから始めるクラウド移行ガイド
3大パブリッククラウドの特長比較やオンプレミス環境からの移行方法など、クラウド移行でまずは押さえておきたいポイントをご紹介します。

AWSを導入する6つのメリット

1.初期費用ゼロ/低価格

初期費用が不要でITリソースを利用できます。その料金は固定でかかる月額費用はなく、データ量などで使った分だけの月々の請求になります。またその価格はAWSのウェブサイト上で公開されていますので、新しいサービスをはじめる場合や切り替える際などに便利であり、透明性の高い価格設定となっています。

2.継続的な値下げ

AWSは世界中で利用者を増やしています。その結果、利益が拡大していますので、それをユーザーに還元する目的で、2006年のサービス提供開始から85回以上の値下げをしています。新しい技術の開発、導入にも力を入れており、その分もコストパフォーマンスの向上として反映されています。

3.サイジングからの解放

リソース不足によるビジネス機会の損失を避けるには、余裕をもったシステムであるのが理想です。しかしそれをオンプレミスで用意するということは、使う頻度や規模にかかわらず、固定化したコストが継続的にかかるということです。設定しだいでサイジングを自動化できるAWSならば、サイジングの監視や設定の気遣いと、余力のための自社サーバーのコストから解放されるのです。

4.最先端の技術をビジネス機会に合わせ迅速に利用

AWSの200のサービスについて、ユーザーは必要なときにワンクリックで利用することができます。そして不要になったら、ワンクリックで中止することもできるのです。オンプレミスでは導入までに調査、設計、構築、再調整などの期間と労力を求められ、使う・使わないにかかわらず、作ったものは持ち続けなければなりません。AWSはそれらの負担をなくし、システムの試用、検証、導入、中止ができるのです。

5.頼れるセキュリティ

AWSはクラウドのセキュリティについて、「責任共有モデル」を採用しており、AWSが責任を負う範囲と、ユーザーが責任を負う範囲を明確に分けています。その責任範囲は利用するサービスによっても変わってきます。

AWSの責任範囲となるのは、AWS で提供されるサービスのインフラ部分の保護についてです。インフラストラクチャとなるサーバーなどのハードウェア、ネットワークに関しては、セキュリティ対策が施されたデータセンターでの運営となり、各種コンプライアンス要件に準拠していますので、インフラストラクチャ部分についてははじめからセキュリティに対応したシステムを利用できることになります。セキュリティサポートのサービスや、要望に応じてスタッフがソリューションを提供するプロフェッショナルサービスなども用意されています。

それに対してユーザー側はAWS上のセキュリティに対して責任を負いますので、運用するアプリケーションなどのセキュリティ対応は必要となります。

6.AWSの技術情報が豊富に得られる(ウェブ上、コミュニティー、施設)

AWSは公式ドキュメントをはじめ、ウェブ上で得られる情報量が豊富です。

また、JAWS-UG(AWS Users Group-Japan)という、AWSのクラウドコンピューティング利用者によるコミュニティを利用する方法もあります。AWSによる日常のコンピュータ利用に関する技術的な情報交換、困ったときの相談など、頼れる存在になります。さらには、直接聞いてみたい、もっと情報を得たい場合は、AWS Loft Tokyo(東京都品川区上大崎)へ直接足を運んでみてはいかがでしょうか。利用登録をするだけで、Ask An ExpertカウンターでAWSのエキスパートに相談できます。

上記に挙げたものは代表的なAWSの導入メリットですが、導入したことで、自社でハードウェアを管理する運用負担を軽減できるほか、構築や修正が重なり、特定の社内技術者や開発業者でないと変更や運用ができなくなるといった属人化が避けられるという別のメリットもあります。またAmazonというと英語での対応が求められると思われる方も多いかもしれませんが、日本の利用者は24時間の日本語によるサポートを受けられます。


当社、NHNテコラスではAWSからの移行を支援するサービスご用意しており<マンガでわかる>AWS移行支援サービス の資料では、サービス内容をマンガでわかりやすく解説しています。

AWSの効果的な利用方法

それでは、AWSの基本性能を活かした、効果的な利用方法について考えてみましょう。

拡張性と可用性を活かす

AWSは、サーバーやストレージなどのインフラであるITシステムを利用する「IaaS」を中心にサービスを提供しています。利用者が自社のオンプレミスシステムとの親和性を高めたり、業務に合わせてカスタマイズしたりするのに適したサービスです。AWSの「IaaS」サービスは、OSやミドルウェアの導入について制約が少なくなり、クラウドというコストパフォーマンスの高い資産を活用しつつ、システムの拡張を確保できるのが特徴のひとつです。

一方で、システムとして稼働し続けることを担保する「可用性」については、システムをフォールトトレラント(耐障害性のある)設計にすることで、その稼働率の値を向上させることができますが、それだけシステムを余分に持つことになります。AWSは、前述のとおり、2021年の11月時点で、サービス地域は25リージョン、81カ所のアベイラビリティーゾーンがあるので、それらをコンビネーションして利用することで、稼働率の確保や、耐障害性の高いシステムを構築することができるのです。

無料枠を活かし検証後に本格導入

これらのAWSの機能を使いこなすのは、難しく感じたり、自社システムとの相性などを確認する必要が出てきます。その点、AWSには、「無料利用枠」が用意されているので安心です。例えば、AWSの代表的なストレージサービスのAmazon S3では、5GBの標準ストレージ、20,000 Get リクエスト、2,000 Put リクエスト、データ送信15GBをサインアップだけで1年間利用できる無料利用枠があります。使ってみて自社のシステムとの相性や、使いやすさ、使いみちなどを検証することができます。その他、機械学習や人工知能など、トライしながらビジネスに活かしてみたい最新のコンピューティングテーマなどの無料利用枠も用意されています。

将来のビジネスの展望を描きつつ、まずはAWSを試してみる

AWSは、200にも及ぶ豊富なサービスツールを活用することで、ITシステムの運用をより確実で効率的にするだけではなく、機械学習(ML)のような、最先端の技術も利用できます。機械学習は、データを分析し、その結果から予測などを行うものですが、膨大な取り引きデータや顧客情報の履歴から、不正取引の検出、顧客が離脱する兆候などを察知するなど、高度な応用も可能となります。データというと、商業上の法律等で保管するというコストのイメージが強いですが、データを活用することで、ビジネスチャンスを創出することも可能なのです。

AWSはさまざまな企業で導入されています。まずは、AWS Loftで質問をしてみたり、無料利用枠などで試してみたりすることからはじめることがオススメです。

これから始めるクラウド移行ガイド

<マンガでわかる>
AWS移行支援サービスを解説!

アパレル系EC企業で情報システム担当の高井。
社長から事業拡大を踏まえて、AWSへ移行したいと打診されるが、通常の運用で手一杯…。

AWSへの移行は無事終わるのでしょうか?

おすすめのサービス

おすすめの記事

おすすめのカテゴリ